眼科一般診療に始まり、小児眼科診療から、日帰り手術全般(白内障手術、網膜硝子体手術、眼瞼手術、緑内障手術等)にまで幅広く対応しております。

弱視

生まれたばかりの赤ちゃんは、明るいか暗いかが分かる程度の視力しかありません。

視力はものを見ることによって発達していくのです。

弱視とは

生まれて1ヶ月位で物の形がわかる程度の視力になり、2ヶ月位で色が分かるくらいの視力になります。

更に4ヶ月位になると、動くものを追って目を動かせるようになります。

3歳頃には大人と同じ位の視力になり、8歳で完成します。

このように、視力が発達するには絶えずものを見てそれを脳が正しく認識する、この過程が大切なのです。

この過程を妨げる何らかの原因があると、視力の発達が妨げられてそれ以上視力が発達しなくなります。

この状態を弱視といいます。

早期治療が重要

弱視は早期発見、早期治療が非常に重要です。

3歳児検診の視力検査を必ず受けるようにしましょう。

家庭で注意する症状としては、以下のものがあるでしょう。
気になるようであれば、早めに眼科を受診しましょう。

  • テレビをかなり近づいて見る
  • 目を細めてみている
  • 頭を傾けてものを見ることが多い
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

Copyright c 豊明ぜんご眼科 All Rights Reserved.