眼科一般診療に始まり、小児眼科診療から、日帰り手術全般(白内障手術、網膜硝子体手術、眼瞼手術、緑内障手術等)にまで幅広く対応しております。

眼瞼けいれん

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

軽症例では一見しただけではわからないことも少なくありません。
適切な診断を受けないと、ドライアイと間違えられていることがあります。
中高年女性に多い疾患です。

症状

病名にはありますが、必ずしも眼瞼のけいれんは、はっきりしているわけではありません。
以下の2つの症状が特に重要です。

  • まぶしい
  • 目を開いているのがつらい、閉じていた方が楽

その他にも、次のような多彩な症状が自覚されます。

  • 目が乾く
  • 目がうっとうしい
  • 目が自然に閉じる
  • 下を向いていたい
  • まばたきが多い
  • 目をつぶってしまう
  • 目が開けられない

しばしば、ドライアイと診断され、治療を受けても改善しないと困っておられる患者様もおられます。自律神経失調症、更年期障害、神経症と放置されている場合もあります。

原因

脳の神経回路のうち、まばたきを制御する神経回路の異常と考えられています。

治療

目周囲の皮膚に少量のボツリヌス毒素A製剤を注射し、無意識に動く筋肉の動きを抑えます。
一回の注射で3~4ヶ月効果が持続します。
症状が軽減されると、目の不愉快さが解消され、抑うつ感さえなくなり生活に活気が戻ることもあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

Copyright c 豊明ぜんご眼科 All Rights Reserved.