眼科一般診療に始まり、小児眼科診療から、日帰り手術全般(白内障手術、網膜硝子体手術、眼瞼手術、緑内障手術等)にまで幅広く対応しております。

緑内障、視神経乳頭陥凹拡大

緑内障、視神経乳頭陥凹拡大

緑内障(りょくないしょう)
視神経乳頭陥凹拡大(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)
と読みます。

皆さま、定期検診は受けられていますか?

緑内障は「見えにくい」「視野が欠けた」など症状が出た時にはかなり進行した病状となっていることがあります。また、緑内障の7割は眼圧正常の正常眼圧緑内障であることがわかっています。早期発見、早期治療が重要です。
40歳を超えたら、年に1回の検診を受け、早期発見を心がけましょう。

症状

※アルコンファーマ社提供

緑内障とは、視神経が傷み、視野が悪くなる病気です。
初期の頃には症状を自覚することはほとんどありません。
視野の欠損などの症状が出た頃には、かなり進行した緑内障となっていることがあります。
いつまでも放置していると失明する可能性のある病気です。
また、視神経乳頭陥凹拡大は緑内障になる前段階である可能性があります。

原因

緑内障の視神経の障害は、目の硬さである「眼圧」が、その人の視神経が耐えうる眼圧より高くなることによって引き起こされます。

緑内障のいろいろ

  1. 正常眼圧緑内障
    眼圧が正常であるにも関わらず進行する緑内障を、特に正常眼圧緑内障と定義しています。緑内障のうち7割近くが正常眼圧緑内障であることがわかってきました。欧米人より日本人に多いことがわかっています。
  2. 急性緑内障発作
    緑内障の中でも、眼圧が急上昇する病気です。頭痛や吐き気が強く、内科疾患と間違われることがあります。

検査

一度傷んだ視神経は再生しません。
緑内障では、視力検査、眼圧検査、視野検査、視神経の状態を診るための眼底検査(散瞳検査)や断層写真の検査が必要となります。

※散瞳検査をすると、検査後の数時間は、ご自身での自動車の運転をお控えいただくこととなります。

治療

視神経が傷んで視野が悪くならないように、「眼圧を下げる」ための点眼薬を使った治療が基本となります。

内服薬や市販の点眼薬の注意点

お薬の「使用上の注意」に「緑内障の診断を受けた人は使用前に医師にご相談ください」と記載されていることがあります。
閉塞隅角緑内障の場合、お薬の影響により眼圧が上昇してしまうことがあります。
緑内障の診断を受けている方は、一度眼科医に相談をしていただくと安心でしょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

Copyright c 豊明ぜんご眼科 All Rights Reserved.