眼科一般診療に始まり、小児眼科診療から、日帰り手術全般(白内障手術、網膜硝子体手術、眼瞼手術、緑内障手術等)にまで幅広く対応しております。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)

50代以上の高血圧症患者さんに起きやすい、いわゆる眼底出血です。
視力が下がったり、手術が必要になったりします。

症状

  • 無症状
  • 視野のぼやけ
  • 視力低下

原因

網膜の血管(静脈)が詰まってしまう(閉塞する)病気です。
高血圧症と深く関連しています。
詰まった静脈から出血します。黄斑部に浮腫を起こすことも多くあります。
病状が悪化すると、硝子体出血、網膜剥離、血管新生緑内障を起こします。

検査

眼底検査(散瞳検査)

※散瞳検査、蛍光眼底造影検査をすると、検査後の数時間は、ご自身での自動車の運転をお控えいただくこととなります。

治療

黄斑浮腫があり視力低下している場合は、浮腫(むくみ)を取るための注射を行います。
手術が必要となることもあります。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

Copyright c 豊明ぜんご眼科 All Rights Reserved.