眼科一般診療に始まり、小児眼科診療から、日帰り手術全般(白内障手術、網膜硝子体手術、眼瞼手術、緑内障手術等)にまで幅広く対応しております。

硝子体手術

硝子体手術

硝子体手術(しょうしたいしゅじゅつ)と読みます。
1980年代より広まった手術法です。
眼科分野で最も難しい手術の一つに挙げられます。

難治性の網膜剥離糖尿病網膜症黄斑円孔などが硝子体手術により治療可能となりました。

硝子体手術

適応疾患

手術の方法

無縫合の極小切開硝子体手術(MIVS)を行っています。
ベッドに仰向けに寝ていただき、手術が始まります。
局所麻酔で行います。
軽症例で30分、重症例で2時間程度の手術時間です。
白目に3~4ヶ所、0.5mm程度の創口を作成し、1ヶ所から専用の人工灌流液を流し、1ヶ所から専用のライトで眼内を照らしながら、もう1ヶ所の創口を通して必要な処理を行います。
必要な処理は疾患によって異なりますが、硝子体切除、膜処理、レーザー治療、ガス注入、シリコーンオイル注入などがあります。
ガスやシリコーンオイルが入ると、術後にうつ伏せ寝が必要です。
また、シリコーンオイルは数ヶ月経過後に除去手術が必要です。

無縫合の極小切開硝子体手術(MIVS)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

Copyright c 豊明ぜんご眼科 All Rights Reserved.